;

XAMPP ver.1.6.4のインストールと各種設定

2010/03/21 0 コメント

■XAMPPをインストール後、XAMPPのコントロールパネルを起動

◎Apache[開始]-[管理ツール]

(1)「おめでとうございます:システム上にXAMPPが正しくインストールされました!」

と表示されればOK!

(2)メニュー「セキュリティ」をクリック

エラーで表示されない →あとで日本語ファイルをいれる

(3)メニュー「ツール」「phpMyAdmin」をクリック

ここでは表示できる →パスワードをあとで設定する。

■MySQLの設定

MySQLモニタがどのフォルダにMySQLを置いても起動できるようにする

(1)システムのプロパティから

[詳細設定]-[環境変数]をクリック

(2)[Path]を選び[編集]をクリック

(3)変数値の最後に

;c:xamppmysqlbin

を追加。他の環境変数を変えないように注意。

■MySQLの起動

XAMPPのコントロールパネルを起動

◎MySql[開始]

コマンドプロンプトを起動

> my sql -u root [Enter]キー

「Welcome to the MySQL monitor.–」

と表示されればOK!

コマンドプロンプトが

mysql>

となる。これでMySQLプログラムが起動し、使用できるようになった

■MySQLの終了

コマンドプロンプト

mysql> EXCIT [Enter]キー

Bye

と表示されればOK! または、

mysql> q [Enter]キー

あるいは

mysql> QUIT [Enter]キー

と入力してもOK!

■MySQLを日本語文字コード「シフトJIS」にする

XAMPPのコントロールパネルを起動

◎MySql[開始]

コマンドプロンプトを起動

> my sql -u root [Enter]キー

現在の状況を調べる

> status;

(1)文字コードが「latin1」になっているのを確認する。

Server characterset: latin1

Db characterset: latin1

Client characterset: latin1

Conn. characterset: latin1

これを日本語の文字コード「シフトJIS」にする。

MySQLを終了し、

◎XAMPPのコントロールパネルからMySql[停止]をクリック

◎XAMPPのコントロールパネルを[終了]

(2)C:xamppmysqlbin の中にある

「my.cnf」ファイルを複製し、オリジナルデータファイルを確保する

[mysqld] のブロックにある行を探し、内容を修正する

port = 3306

socket = mysql

old-passwords

character-set-server = latin1

collation-server = latin1_general_ci

これを次のように修正

old-passwords

character-set-server = sjis →「sjis」に変更

#collation-server = latin1_general_ci →「#」記号を追加

skip-character-set-client-handshake → 一行追加

(3)文字コードが「sjis」になっているのを確認する。

XAMPPのコントロールパネルを起動

◎MySql[開始]

コマンドプロンプトを起動

>my sql -u root [Enter]キー

現在の状況を調べる

> status;

文字コードが「sjis」になっている

Server characterset: sjis

Db characterset: sjis

Client characterset: sjis

Conn. characterset: sjis

■MySQLの管理者[root]のパスワードを設定

設定は十分注意すること

■Anonymouse(匿名)ユーザーを削除

Anonymouseユーザーがアクセスできる状態なのでユーザーを削除する

> delete from mysql .user where user=”;

■変更内容の反映

> FLUSH PRIVILEGES;

■変更内容の確認

> select host ,user,password from mysql .user;

password部分は暗号化表示される。

いったんMySQLを終了し、

再度起動してパスワードを確認してみる。

■XAMPP ver. 1.6.4「セキュリティ」ページでエラー表示されるので日本語ファイルをコピーする。

C:xampphtdocsxampplang

に入っていた「jp.php」をコピーして、

C:xamppsecurityhtdocslang

に入れたる。

これでセキュリティページが表示される。

この状態は「日本語が表示された」だけで

セキュリティの設定はこれから行う。

■MySQLの管理者[root]のパスワードを設定

C:xamppphpMyAdminconfig.inc.php ファイルを複製し

オリジナルのデータファイルを確保

「config.inc.php」ファイルの73行目付近、

$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘config’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘root’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘password’] = ”;

を探し、

$cfg[‘Servers’][$i][‘auth_type’] = ‘config’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘user’] = ‘root’;

$cfg[‘Servers’][$i][‘password’] = ‘1234’;

と修正。Windowsを再起動。

■外部からアクセスされないようにApacheの設定を行う

 C:xampphtdocs(XAMPPのhtdocsフォルダ下)に、

「.htaccess」ファイルを保存します。

「.htaccess」ファイルの内容は、エディタで確認できる。

Order deny,allow

Deny from All

Allow from localhost 127.0.0.1

■MySQLのセキュリティコンソール & XAMPPのディレクトリ制御

XAMPのコントロールパネルを起動

◎Apache[開始]-[管理ツール]をクリック

WEBブラウザが起動するので、

http://localhost/security/xamppsecurity.php

を開き、設定

[good luck]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です