;

XAMPP設定など

2010/03/07 0 コメント

■XAMPP ver. 1.6.4「セキュリティ」でエラー

http://support.exxaxon.co.jp/index.php?topic=75.0

C:xampphtdocsxampplang

に入っていた「jp.php」をコピーして、

C:xamppsecurityhtdocslang

に入れたら、セキュリティページが表示されました。

■XAMPPのApache設定

http://shiotani.cn/20080516xamppsetting.html

C:xampphtdocs(XAMPPのhtdocsフォルダ下)に、

「.htaccess」ファイルを以下の内容で保存

Order deny,allow

Deny from All

Allow from localhost 127.0.0.1

■Vista上のXAMPP1.7.0のセキュリティ画面での403エラーを回避する方法

http://labs.m-logic.jp/2009/01/vistaxampp170_403error.html

1. c:xamppapacheconfextrahttpd-xampp.confファイルをテキストエディタで開きます

2. 2箇所ある「Allow from localhost」を「Allow from 127.0.0.1」に修正します

3. ファイルを保存します

4. Apacheを再起動します

「これらのXAMPPページはネットワーク経由で一般的なアクセスが可能でなくなりました。」 「安全」と表示されれば、設定が有効となっており、外部からアクセスされなくなります。

 もし、安全と表示されない場合は、下記で紹介するXAMPPのディレクトリ制御で、

 パスワードを設定すると、有効になるはずです。

PHPのマルチバイト設定を行うため、以下の2ファイルで、mbstring.ではじまる行のコメント「;」を削除します。

C:xamppapachebinphp.ini

C:xamppphpphp.ini

コメント「;」を削除後の、php.iniのファイルを下に記します。

[mbstring]

; language for internal character representation.

mbstring.language = Japanese

; internal/script encoding.

; Some encoding cannot work as internal encoding.

; (e.g. SJIS, BIG5, ISO-2022-*)

mbstring.internal_encoding = EUC-JP

; http input encoding.

mbstring.http_input = auto

; http output encoding. mb_output_handler must be

; registered as output buffer to function

mbstring.http_output = SJIS

つぎに

データベースサーバMySQLと、XAMPPのディレクトリ制御のパスワード設定を行います。

 ApacheとMySQLを起動した状態で、

 http://localhost/security/xamppsecurity.php にアクセスします。

f:id:wwweb:20091127115557g:image

http://scianto.net/archives/2009/01/22185527.php

参考

http://d.hatena.ne.jp/port80/20080209/1202519066

wwwacth

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です