;

Webクリエイター能力認定試験 -その4-独特の言い回し

2011/11/09 0 コメント

Webクリエイター能力認定試験(あるいは試験一般)には、独特の言い回しや説明の順番があります。
この言い回しに慣れておかないと、日本語としての意味が「???」となり、問題文を読んだ時点で早速躓きます。

Webクリエイター能力認定試験の独特の言い回し
独特の言い回し 意味
HTML 「ページのタイトル」とは <title>
「仮想のアドレス」とは ダミーのメールアドレス
「ページ本文」とは <body>内の要素でページの中身
「”xxx.css”への参照を設定」とは 外部スタイルシートの参照
<link rel=”stylesheet” type=”text/css” href=””>
「上付き文字」とは <sup>~</sup>
「代替文字」とは alt=””
「テーブル」とは <table>表組みのことで、属性は基本的に入れない
「テーブルのタイトル」とは <caption>
段落を分けない改行」とは <br>
「マーカーを設定しなさい」とは <a name=””></a>を設定すること
「番号付きリスト」とは <ol>
「行頭記号付きリスト」とは <ul>
FORM 「テキストボックス」とは <input type=”text” name=”” size=””>
「テキストエリア」とは <textarea name=”” cols=”” rows=””></textarea>
「最大文字数」とは maxlength=””
「送信ボタン」とは <input type=”submit” value=”送信”>
「クリアボタン」とは <input type=”reset” value=”クリア”>
「ボタンの表示名」とは value=””
「ラジオボタン」とは <input type=”radio” name=”” value=””>
「ラジオボタンの名前」とは name=””
「ラジオボタンの値」とは value=””
「チェックボックス」とは <input type=”checkbox” name=”” value=””>
「初期のチェック状態オンにする」とは checked
「選択リスト」「選択項目」とは、 <select name=””><option value=””></option><option value=””></option></select>
擬似クラス 「リンク部分」は a
「未アクセスのリンク部分」とは a:link
「アクセスの済みのリンク部分」とは a:visited
「ポイント時のリンク部分」とは a:hover
「クリック時のリンク部分」とは a:active
CSS 「文字列の太さ」とは font-weight
「文字装飾なし」とは text-decoration:none;
「文字装飾 下線」とは text-decoration:underline;
「水平方向位置」とは text-align
「垂直方向位置」とは vertical-align
「背景色を透明」とは background-color:transparent;
「枠線(右)」とは border-right
「行間隔」とは line-height
「内容と枠線の間隔」とは padding
「一括指定すること」という場合は、プロパティの値を一列に一括して記述する (正解例)border-bottom:double 3px #0000ff;
「回り込みの指定」または「回り込みの設定」とは float
「回り込みの解除(左右両方)」とは clear:both;
「表示形式」とは display
「リストマークのイメージ」とは list-style-image:url(“xxx.jpg”)
「リストマークの配置(本文内)」とは list-style:inside;

Tagged , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です