;

HTML講座(25) 文書型宣言 (DOCTYPE宣言)

2011/11/04 0 コメント

 
このチュートリアルでは故意に最後の説明にしましたが、HTML文書を作成する際に、開始タグ を記述する前に「ドキュタイプ宣言」をしなければなりません。

文書型宣言 (DOCTYPE宣言) Document Type Declarations

にはいくつか種類があり、文書の内容によって分けて使用します。

詳しくはWEB上にあるサイトで調べてみてください。

今後「HTML5」に移行すると、ドキュタイプ宣言もまた記述内容が変わります。

● HTML 4.01 Strict DTD (厳密な) [1999年12月のW3C勧告]

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd" >

● HTML 4.01 Transitional DTD (移行期)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd" >

● HTML 4.01 Frameset DTD (フレームセット用)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" 
"http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd" >

Tagged , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です