;

HTML講座(18) 画像の挿入

2011/11/01 0 コメント

 

ページ内で画像を表示させるには「img」要素をつかいます。参照したい画像ファイルを「src」属性で指定し、画像の幅と高さの属性を指定します。また、何らかの理由で画像が表示されない場合に代わりに表示させるテキストとして「alt」属性を記述します。

画像ファイルの幅・高さを記述しなくともWebブラウザは画像を表示させますが、サイズを入れておいたほうが処理が早くなされます。

◆image01.html

<html>
  <head><title>画像の挿入</title></head>
  <body>
    <p>
    <img src="nasu.gif" width="52" height="70" alt="なすの画像">
    おいしいナス。
    </p>
  </body>
</html>

Tagged , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です