;

XAMPPポータブル XAMPP USB Liteを入れてみた(その6)

2011/11/17 ♠ 0 コメントリンク先

で、XAMPPは(F)ドライブにあるので、 (C)ドライブから(F)ドライブにしないと…。

【練習2】他のドライブのディレクトリに移動する

他のドライブのディレクトリに移動する場合に「/d」オプション指定をします。
「cd スペース スラッシュ d スペース F コロン 円マーク」です。
「Enter」キーで確定します。

C:>cd /d F:
F:>

もちろん、

C:Documents and SettingsUSER名>cd /d F:
F:>

とかでもいいんですがね。

やっと先に進めますねぇ。

XAMPPのある(F)ドライブ(リムーバブルメディア)にカレントディレクトリをチェンジするには、

C:Documents and SettingsUSER名>cd /d f:xamppmysqlbin
F:xamppmysqlbin>

XAMPPコントロールパネルを起動し、「MySQL」の「スタート」ボタンをクリックして起動します。

つぎのように入力し「Enter」キーで確定します。

F:xamppmysqlbin> mysql -u root

すると、

F:xamppmysqlbin>mysql -u root
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or g.
Your MySQL connection id is 1
Server version: 5.5.16 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the current input statement.

mysql>

Welcometo the MySQL monitor」となれば、ようやくMySQLに入れたということです。

やれやれ。

MySQLを終了するには、

「exit」または
「quit」を入力

mysql> exit
Bye

F:xamppmysqlbin>

「Bye」と表示されたら終了ですが、XAMPPコントロールパネルではまだ起動中なので
「Stop」ボタンを押してSQLサーバーを終了し、、XAMPPコントロールパネルを閉じるときは
「Exit」ボタンをクリックします。
やれやれ

XAMPPポータブルXAMPP USB Liteを入れてみた(その5)

2011/11/16 ♠ 0 コメントリンク先

で、MySQLを動かして、データベースを用意して、WordPressいれちゃうぞ! と。

ここでは、コマンドプロンプトでMySQLを操作します。

XAMPPは(F)ドライブにあるので、 チェンジディレクトリ が必要ですね。

チェンジディレクトリ? コマンドプロンプト?

という方がいると思いますので、ソコんところから解説していきましょう。 » つづきを読む… «

XAMPPポータブルXAMPP USB Liteを入れてみた(その4)

2011/11/14 ♠ 1 コメントリンク先

ページが正しく表示されていないぢゃないかーーー!!のつづき

こんなオレンジのヘンテコページなんか、どうせ使わないし、スルーして、さっさとセキュリティ設定のページに行こう、なんておもっていませんか? » つづきを読む… «

XAMPPポータブルXAMPP USB Liteを入れてみた(その3)

2011/11/11 ♠ 1 コメントリンク先

リムーバブルディスクには「xampp」フォルダができていますので、そのフォルダを開きます。

» つづきを読む… «

XAMPPポータブルXAMPP USB Liteを入れてみた(その2)

2011/11/11 ♠ 0 コメントリンク先

ダウンロードした 「xampp-win32-1.7.7-usb-lite.exe」ファイルをUSBフラッシュメモリに保存した。

USBフラッシュメモリは(F)ドライブだ。

そこでこの exeファイルをダブルクリーーーック!!。

» つづきを読む… «

XAMPPポータブルXAMPP USB Liteを入れてみた(その1)

2011/11/11 ♠ 0 コメントリンク先

WordPressでゴニュゴニョしたかったので、XAMPP for Windows を入れようと思ったが、XAMPP USB Lite をいれれば、フラッシュメモリごとにWordPressコンテンツを分けられて良いんでないの? と思ったので、XAMPPポータブル(XAMPP USB Lite)を入れてみた。
» つづきを読む… «

Xampp インストール後のMySQLの「sjis」設定をしよう

2010/11/16 ♠ 0 コメントリンク先

(1)Cドライブの中の「xampp」フォルダにある「mysql」内の「bin」フォルダを開く

C → xampp → mysql → bin

(2)「my.ini」ファイルをエディタで開く

OSによっては「my.cnf」とかになっていることも

 

(3)145行目を次のように変更する

[mysqldump]

quick

max_allowed_packet = 16M

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[mysqldump]

quick

max_allowed_packet = 16M

default-character-set = sjis

skip-character-set-client-handshake

 

(4)また、べつの箇所を次のように変更する

[mysql]

no-auto-rehash

# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL

#safe-updates

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[mysql]

no-auto-rehash

default-character-set = sjis

skip-character-set-client-handshake

# Remove the next comment character if you are not familiar with SQL

#safe-updates

(4)さらに、つぎの箇所の最終行に2行追加する

[mysqld]

default-character-set = sjis

skip-character-set-client-handshake

■MySQLの管理者[root]のパスワードを設定

設定は十分注意すること

sql> update mysql .user set password=password(‘1234′) where user=’root’;

と入力し、

「Query OK, 1 row affected (0.00 sec)」

と表示されればOK! パスワード「1234」は任意

 

ブログ

 

 

 

MacintoshでXampp

2010/09/24 ♠ 0 コメントリンク先

「ポート80または443(SSL)はすでに利用されています。Apache2をサービスとしてインストールするのに失敗しました。」

2010/09/16 ♠ 0 コメントリンク先

XAMPPの旧バージョン

2010/04/01 ♠ 0 コメントリンク先

現在の場所は ?

Xampp category at Webデザインのトリセツ.