;

HTML講座(6) 見出しの練習

2011/10/26 0 コメント

 

◆midashi.html

<html>
<head>
<title>見だしの練習</title>
</head>
<body>
 <h1>これは、見出し1(h1)です</h1>
 <h2>これは、見出し2(h2)です</h2>
 <h3>これは、見出し3(h3)です</h3>
 <h4>これは、見出し4(h4)です</h4>
 <h5>これは、見出し5(h5)です</h5>
 <h6>これは、見出し6(h6)です</h6>
</body>
</html>

以下は出力結果です

これは、見出し1(h1)です

これは、見出し2(h2)です

これは、見出し3(h3)です

これは、見出し4(h4)です

これは、見出し5(h5)です
これは、見出し6(h6)です

見出し(heading)のHnが要素です。 開始タグと終了タグで挟まれた部分が見出しとなります。

見出しにはレベルがあります。「n」の部分にはレベル1からレベル6までを指定します。

レベル1が一番大きなレベルで、いわゆる「大見出し」となります。

文章の構造として、「大見出し」より先に「小見出し」は存在しませんから、

いきなり <h3> とか使わないでくださいね。

ちなみに、<title>見だしの練習</title> というのは文章のタイトルになります。

Webブラウザで表示したときのページのタイトルと、「お気に入り(ブックマーク)」に登録したときに保存される部分でもあります。

【参考:要素について Index of Elements

Tagged ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です